データ形式のチェックは重要なポイント

CADの導入を考えている人がおさえておきたいポイントの1つがデータ形式です。どんなCADのソフトは種類によってデータ形式が異なります。そのためデータ形式が異なっていると、データの共有ができないパターンも考えられます。社内や社外でのデータ共有を考えているのであれば、データ形式の同じソフトを選ぶようにしておきましょう。特に取引先の会社とのデータ共有がある場合は、事前にどんなデータ形式のCADを活用しているのかを聞いておくのが良いと言えます。現時点では社外でのデータ共有がない場合でも、将来的にはデータ共有が必要になるかもしれません。その状況を想定しておくのであれば、ユーザー利用の多いCADソフトを選んでおくのが良いでしょう。

利用の目的を明確にしておく

CADは便利らしいから、とりあえず導入しておくといった感覚でCAD導入を進めていくと後悔するパターンもあります。そのような事態を回避するためには、CADの利用目的を明確にしておくのが重要です。CADはソフトによってできることが異なるケースも多いでしょう。そのため利用目的が明確でないまま導入を進めると、利用目的に合わないソフトを買っている可能性も考えられます。多機能なCADよりも利用目的に合致したCADを選んでおく方が、仕事にも良い効果が出るでしょう。また多機能なCADは導入コストも高いので、予算の少ない企業にはおすすめしにくいという問題もあります。何かの機能に特化したCADであれば、多機能なCADよりも導入コストが低いので予算をオーバーするリスクも低いでしょう。

電気CADは、電気設備の設計をパソコンで実施するための支援ツールです。電気部品の配置や配線を正確に設計することができます。